計画的

主婦が選ぶ学資保険について

やはり子どもを持つと、お金についての意識が高まるのは普通のことでしょう。
現在の日本社会において、子ども一人を成人させるには学費は総額で1000万円以上かかると言われています。
これはあくまでも国公立を想定しているので。

私学に進学するとこの限りではないのです。
1人に対してこれほどの大きい金額がかかるので、2人以上いらっしゃるご家庭はさらにお金に対して負担感があるかもしれません。
そこで、工夫して子どもの学資金を貯蓄しようとする方が増加しています。

学資保険はこうした方々の希望に添えるような商品開発がなされています。
特に、現在注目を集めているのは「主婦が選ぶ学資保険」です。
学資保険は、契約者死亡の際に何らかの補償がきちんとついている商品です。

契約者は世帯主であることが多い父親が契約者になることが多く、もしこの父親に何らかが起きお亡くなりになられた場合、子どもに負担が残らないように保証があるほうが有利だからです。
例えば、代表的な保障としては「保険料払込免除特則」、という特約が付帯されたものが人気です。
これはどのような内容かと言いますと、契約者が万が一亡くなられた際はその後の保険料の支払いが免除されるというものです。
その後に保険契約の保険料負担がなくなるのは、残されたご家族にとっても負担感がないので大変有利な特約です。

Menu